あとりえ1/f


DATE:11/17(金)〜19(日)、11/23(祝)〜26(日) 

OPEN:11:00〜17:00 

こんな暮らしスタイル、いかがですか?

*あとりえ1/f、アートと暮らし。

*林正人---植物と一体化したオブジェ。

*足立貴隆---ちょっと変わった酒器

*神坂幸恵---やさしい色のテーブルウェア

*土ケ端大介---ストッキングを使った平面作品

*柿崎さえみ---動物をモチーフにした日本画

*メリー---羊毛フェルトの作品

Pなし

日連792−5 

tel.090-3208-2962 林正人


【作品・作家紹介】

柿崎さえみ:東京藝術大学日本画卒


【作品・作家紹介】

土ガ端大介:東北芸術工科大学卒


【作品・作家紹介】

足立 貴隆 Adachi Kiyotaka

兵庫県出身

うつわの成形と鉄による象嵌の装飾をメインに担当

2012 愛知県立窯業高等技術専門校卒業

2012~ 岐阜県土岐市にて製陶所に勤めながら制作を始める

2013 神坂幸恵と「アトリエ紡-tsumugu-」として活動を始める

2015  製陶所を退職し、神奈川県藤野町に活動拠点を移す

2016 名古屋にて個展「異質感」

    大坂にて個展「足立貴隆 個展」

    第22回美濃茶盌展 入選

2017  第11回国際陶磁器展美濃 入選

機械のような、建物のような・・・そんな陶器らしくない表情の器を作りたいという気持ちで制作しています。

普段目にする何気ないモノのカタチや、気持ちのいいバランスを、自分の中でくっつけたり離したりしながら、デザインを考えています。

使って、見て、触って楽しんでもらいたいと言う想いから、高台の内側まで、模様を一つ一つ手作業で刻み込んでいます。



【作品・作家紹介】

神坂 幸恵  Kamisaka Sachie

北海道出身

手びねりといっちんによる装飾を担当

2012~ いっちんに興味を持ち、うつわに装飾を始める

2013 足立貴隆と「アトリエ紡-tsumugu-」として活動を始める

2015 藤野に活動拠点を移す

2015 新潟県にて個展「たのしむ+くらし」

その他クラフトフェアや百貨店・グループ展を中心に活動中

土をゆるく溶いたものをスポイトに入れ、土を盛って模様をフリーハンドで描いていく"いっちん"という技法があることを知り、自分の使いたいうつわを作り始めたのがきっかけでした。

柄は自然や日常にあるもの、幾何学的なものが好きで、見てきたもの、感じてきたもの、自分の中にあるものを描いています。

楽しいこと、嬉しかったこと、悲しかったこと、つらかったこと、頑張りたいこと。

いろんな想いがある日常の中で、私たちのうつわを使ってもらったときに楽しんでもらえたり、ふと息抜きや気分転換をしてもらえたら嬉しいなと想いながら、

日常使いのうつわとして使いやすいうつわづくりをひとつひとつ丁寧につくることを日々心掛けています。


0コメント

  • 1000 / 1000

ふじのサニーサイドウォーク/SunnySideWalk

芸術の町・藤野にある日連(ひづれ)地区は、JR藤野駅から徒歩圏内!! 今年で12回目となる「SunnySideWalk」には日連エリアを中心に21のお店や作家さんたちが参加し、アート作品の展示販売やさまざまなワークショップ、ライブイベントなどがにぎやかに展開されます。オレンジ色の旗が目印です!